研究業績

HOME > 研究業績

2024年

査読付学術論文

  1. Hirosawa, R., Noda, M., Matsushima, K., Noguchi, Y., Yamada, T., Multicomponent topology optimization method considering stepwise linear assemblability with a fictitious physical model, Computer aided Design, Vol.166, (2024.1), p.103628. DOI(OpenAccess)
  2. Noda, M., Matsushima, K., Yamada, T., Orientation optimization via topological derivatives in cooperation with multi-material topology optimization based on extended level set method, Computer Methods in Applied Mechanics and Engineering, Vol.418, (2024.1), No.116585. DOI(OpenAccess)
  3. Shintani, K., Kawamura, H., Kimura, T., Yamada, T., Multimaterial homologous topology optimization of large telescope structure under multiple elevation conditions, Structural and Multidisciplinary Optimization, Vol.67, (2024.3), No.64.  DOI

受賞

  1. 石岡翔栄,山下賞,日本マリンエンジニアリング学会,2024年3月21日.
  2. 田島幹人,工学系研究科長賞(優秀),東京大学大学院工学系研究科,2024年3月22日.
  3. 田島幹人,三浦賞,日本機械学会,2024年3月22日.
  4. 赤松大地,SICE優秀学生賞,計測自動制御学会,2024年3月22日.

2023年

査読付学術論文

  1. Murai, N., Noguchi, Y., Matsushima, K., Yamada, T., Multiscale topology optimization of electromagnetic metamaterials using a high-contrast homogenization method, Computer Methods in Applied Mechanics and Engineering, Vol. 403, (2023), p. 115728. DOI  Jxiv
  2. Guan, K., Matsushima, K., Noguchi, Y., Yamada, T., Topology optimization for rarefied gas flow problems using density method and adjoint IP-DSMC, Journal of Computational Physics, Vol. 474, (2023), p. 111788. DOI Jxiv
  3. Miyajima, K., Noguchi, Y., Yamada, T., Optimal design of compliant displacement magnification mechanisms using stress-constrained topology optimization based on effective energy concept, Finite Elements in Analysis & Design, Vol.216, (2023), p.103892. DOI ArXiv
  4. Akamatsu, D., Noguchi, Y., Matsushima, K., Sato, Y., Yanagimoto, J., Yamada, T., Two-phase topology optimization for metamaterials with negative Poisson’s ratio, Composite Structures, Vol. 311, (2023), No.116800. DOI
  5. Nakagawa, M., Noguchi, Y., Matsushima, K., Yamada, T., Level set-based multiscale topology optimization for a thermal cloak design problem using the homogenization method, International Journal of Heat and Mass Transfer, Vol. 207, (2023), No.123964. DOI Preprint
  6. Oka, T., Yamada, T., Topology optimization method with nonlinear diffusion, Computer Methods in Applied Mechanics and Engineering, Vol.408, (2023), p.115940. DOI ArXiv
  7. Ogawa, S., Yamada, T., Stress constraint topology optimization of coupled thermo-mechanical problems using the temperature dependence of allowable stress, Computers and Structures, Vol. 281, (2023), No. 107006. DOI
  8. Feng, Y., Noda, M., Noguchi, Y., Matsushima, K., Yamada T., Multi-material topology optimization for additive manufacturing considering dimensional constraints, Computer Methods in Applied Mechanics and Engineering, Vol. 410, (2023), No. 116027. DOI Preprint
  9. Oka, T., Misawa, R., Yamada, T., Nesterov’s acceleration for level set-based topology optimization using reaction-diffusion equations, Applied Mathematical Modelling, Vol. 120, (2023), pp.57-78. DOI ArXiv
  10. Shintani, K., Sugai, T., Yamada, T., A set-based approach for hierarchical optimization problem using Bayesian active learning, International Journal for Numerical Methods in Engineering, Vol. 124, 10 (2023), pp.2196-2214. DOI (open access)
  11. Matsushima, K., Noguchi, Y., Yamada, T., Exceptional points in cylindrical elastic media with radiation loss, Physical Review B, Vol.107, (2023), p.144104. DOI
  12. Kurioka, H., Nakayama, N., Furuta, K., Noguchi, Y., Izui, K., Yamada, T., Nishiwaki, S., Multiscale optimal design method of acoustic metamaterials using topology optimization, International Journal for Numerical Methods in Engineering, Vol.124(13), (2023), pp.2995-3024. DOI
  13. Noguchi, Y., Yamada, T., Level set-based shape optimization of deformable structures for achieving desired sound transmission and reflective responses Computer Methods in Applied Mechanics and Engineering, Vol. 414, (2023), No. 116190. DOI
  14. Emoto, H., Noguchi, Y., Yamada, T., Acoustic metasurfaces designed via topology optimization for regional sound insulation, Journal of Sound and Vibration, Vol. 567, (2023), No. 117397. DOI
  15. Tajima, M., Yamada, T., Topology optimization with geometric constraints for additive manufacturing based on coupled fictitious physical model, Computer Methods in Applied Mechanics and Engineering, Vol. 417, (2023), No. 116415.DOI (open access)
  16. Kambayashi, K., Kogiso, N., Watanabe, I., Yamada, T., Level-set-based topology optimization of a morphing flap as a compliant mechanism considering finite deformation analysis, Structural and Multidisciplinary Optimization, Vol.66, (2023), No.223. DOI
  17. 小野寺周也,岡大将,山田崇恭,設計変数に依存する熱輻射境界条件を伴う熱伝導問題に対する成形用金型のトポロジー最適化,日本計算数理工学論文集, Vol.23, (2023.11), No.01-231124, p.1-12. OpenAccess
  18. 松島慶,山田崇恭,境界積分方程式で記述される形状最適化問題における形状感度のHilbert正則化,日本計算数理工学論文集, Vol.23, (2023.11), No.03-231124, p.21-28. OpenAccess
  19. 田島幹大,山田崇恭,連成型仮想的物理モデルに基づく仮想的な異方性拡散方程式を用いた型成形における幾何学的制約付き最適設計,日本計算数理工学論文集, Vol.23, (2023.11), No.04-231124, p.29-38. OpenAccess
  20. 小夜結利花,山田崇恭,マイクロポーラ弾性体の考え方に基づいたスライダ-クランク機構のトポロジー最適化,日本計算数理工学論文集, Vol.23, (2023.11), No.05-231124, p.39-48. OpenAccess
  21. Guan, K., Yamada, T., Density based sensitivity analysis of rarefied gas flows using the discrete velocity method, Transactions of JASCOME, Vol. 23, (2023.11), No.07-231124, p.59-69. OpenAccess
  22. 小夜結利花,山田崇恭,トポロジー最適化とマイクロポーラ弾性体の考え方に基づくリンク機構の構想設計法,日本機械学会論文集, Vol.89, No.927, (2023.11), p.23-00082. DOI

国際会議論文

  1. Feng, Y., Noguchi, Y., Yamada, T., Multi-material topology optimization considering the bounding box dimension constraint and assemblability based on the extended level set method in two dimensions, Proceedings of ASME 2023 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference (ASME/IDETC-CIE 2023), August 20-23, 2023, Boston, Massachusetts, USA, IDETC2023-111214.
  2. Tajima, M., Yamada, T., Topology optimization in consideration of overhang constraint for additive manufacturing based on coupled fictitious physical model in thermal design problem, Proceedings of ASME 2023 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference (ASME/IDETC-CIE 2023), August 20-23, 2023, Boston, Massachusetts, USA, IDETC2023-112499.
  3. Guan, K., Matsushima, K., Yamada, T., Topology optimization of rarefied gas devices with discrete velocity method, Proceedings of ASME 2023 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference (ASME/IDETC-CIE 2023), August 20-23, 2023, Boston, Massachusetts, USA, IDETC2023-111436.
  4. Murai, N., Noguchi, Y., Yamada, T., High-frequency band gap design of porous phononic crystals by topology optimization, Proceedings of ASME 2023 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference (ASME/IDETC-CIE 2023), August 20-23, 2023, Boston, Massachusetts, USA, IDETC2023 -114619.
  5. Noda, M., Matsushima, K., Yamada, T., Orientation optimization with topological derivative for anisotropic materials with rotational symmetry, Proceedings of ASME 2023 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference (ASME/IDETC-CIE 2023), August 20-23, 2023, Boston, Massachusetts, USA, IDETC2023-110477.

国際会議

  1. Yamada, T., A basic idea of fictitious physical model approach for geometrical constraints in shape and topology optimization, 15th World Congress on Structural and Multidisciplinary Optimisation (WCSMO2023), June 5-9, 2023, Cork, Ireland, No.119.
  2. Kawamura, H., Shintani, K., Kimura, T, Yamada, T., Multi-material topology optimization for homologous deformation problem in structural design of large telescope, 15th World Congress on Structural and Multidisciplinary Optimisation (WCSMO2023), June 5-9, 2023, Cork, Ireland, No.212.
  3. Sayo, Y., Yamada, T., A structural synthesis scheme for linkage mechanisms by using the topology optimization method with a micropolar elasticity model, 15th World Congress on Structural and Multidisciplinary Optimisation (WCSMO2023), June 5-9, 2023, Cork, Ireland, No.253.
  4. Murai, N., Noguchi, Y., Matsushima, K., Yamada, T., A Numerical algorithm of topology optimization for eliminating localized modes in unit cell design problem, 15th World Congress on Structural and Multidisciplinary Optimisation (WCSMO2023), June 5-9, 2023, Cork, Ireland, No.327.
  5. Noguchi, Y., Yamada, T., Level set-based topology optimization for programmable acoustic structures, Inter-Noise 2023, August 22, 2023, Chiba, Japan, No.2-13-18.
  6. Yamada, T., PDEs for topology optimization considering manufacturability, 10th International Congress on Industrial and Applied Mathematics (ICIAM2023), August 20-25, 2023, Tokyo, Japan, No.00244.
  7. Oka, T. Yamada, T., Level set-based topology optimization method with nonlinear diffusion, 10th International Congress on Industrial and Applied Mathematics (ICIAM2023), August 20-25, 2023, Tokyo, Japan, No.00419.
  8. Matsushima, K., Yamada, T., Designing large-scale acoustic scattering systems using structural optimization and multiple scattering theory, 10th International Congress on Industrial and Applied Mathematics (ICIAM2023), August 20-25, 2023, Tokyo, Japan, No.04615.
  9. Yoshida, T., Yamada, T., A design method for eco-friendly modules generated via topology optimization, 13th International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing (EcoDesign 2023), November 29 - December 1, 2023, Nara, Japan, B1-1.

国内会議

  1. 山田崇恭,音響問題におけるトポロジー最適化の展開の試みについて,第149回(2023年春季)研究発表会,日本音響学会,2023年3月16日,オンライン.【招待講演】
  2. 野田雅貴,山田崇恭,筋骨格ロボットの筋肉・骨格配置及び制御最適化のためのトポロジー最適化モデルの検討,ロボティクス・メカトロニクス講演会2023,日本機械学会,2023年6月28日-7月1日,名古屋,2P2-I20.
  3. 野田雅貴,山田崇恭,トポロジー最適化のためのジョイントおよび収縮アクチュエータのモデル化検討,M&M・CMD若手シンポジウム2023,日本機械学会,2023年8月7日-9日,金沢,No.18.
  4. 小野寺周也,岡大将,山田崇恭,ガラス成形炉設計におけるトポロジー最適化の適用,第33回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2023年9月19-21日,金沢,2101.
  5. 野田雅貴,山田崇恭,4脚歩行機構のトポロジー最適化による高速化,第33回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2023年9月19-21日,金沢,2307.
  6. 宮島健,山田崇恭,トポロジー最適化を用いた振動発電デバイスの設計手法における製造性を考慮するための制約条件の検討,第33回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2023年9月19-21日,金沢,3301.
  7. 野田雅貴,山田崇恭,疑似直線を作り出す筋骨格ソフトロボットのトポロジー最適化,第33回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2023年9月19-21日,金沢,3302.
  8. 酒井虹太,岡大将,山田崇恭,熱拡散問題に対するトポロジー最適化への曲率制約の導入,第33回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2023年9月19-21日,金沢,3303.
  9. 濱口崇志,山田崇恭,切削加工における環境配慮性を考慮したトポロジー最適化技術の開発,第33回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2023年9月19-21日,金沢,3304.
  10. 小夜結利花,山田崇恭,2 層構造のマイクロポーラ弾性体モデルを用いたリンク機構のトポロジー最適化手法の検討,第33回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2023年9月19-21日,金沢,3309.
  11. 村井直樹,山田崇恭,フォノニック結晶の設計における連結制約に関する検討,第33回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2023年9月19-21日,金沢,3310.
  12. 小川竣,山田崇恭,米倉一男,鈴木克幸,クリープ変形最小化問題を考慮したトポロジー最適化,第33回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2023年9月19-21日,金沢,3312.
  13. 赤松大地,松島慶,山田崇恭,柳本潤,佐藤悠治,負のポアソン比を示すメタマテリアルの実験的検討,M&M2023 材料力学カンファレンス,日本機械学会,2023年9月27-29日,筑波,MM0107.
  14. 村井直樹,山田崇恭,均質化法に基づく振動発電デバイスのマルチスケール設計,M&M2023 材料力学カンファレンス,日本機械学会,2023年9月27-29日,筑波,MM0108.
  15. 官凱文,松島慶,山田崇恭,微細管構造の希薄気体流れに対する離散速度法を用いたトポロジ最適化,第36回計算力学講演会(CMD2023),日本機械学会,2023年10月25日-27日,豊橋商工会議所(愛知),OS-0404.
  16. 強辰達,松島慶,山田崇恭,複雑な幾何形状を持つ光学系の設計感度解析,第36回計算力学講演会(CMD2023),日本機械学会,2023年10月25日-27日,豊橋商工会議所(愛知),OS-1707.
  17. 村井直樹,山田崇恭,複数材料から成る振動発電デバイスの最適設計,第36回計算力学講演会(CMD2023),日本機械学会,2023年10月25日-27日,豊橋商工会議所(愛知),OS-0604.
  18. FENG YUKUN,山田崇恭,積層造形のための組立制約と組立方向に合わせたバウンディングボックスの寸法制約を考慮した複数材料トポロジー最適化,第36回計算力学講演会(CMD2023),日本機械学会,2023年10月25日-27日,豊橋商工会議所(愛知),OS-1206.
  19. 酒井虹太,岡大将,山田崇恭,楕円型偏微分方程式による近似距離関数の構成に基づく曲率制約の定式化に関する検討,第36回計算力学講演会(CMD2023),日本機械学会,2023年10月25日-27日,豊橋商工会議所(愛知),OS-1210.
  20. 小川竣,山田崇恭,鈴木克幸,米倉一男,許容応力の温度依存性を考慮した熱構造連成トポロジー最適化,第36回計算力学講演会(CMD2023),日本機械学会,2023年10月25日-27日,豊橋商工会議所(愛知),OS-0102.
  21. 相馬大輝,山田崇恭,酒井虹太,トポロジー最適化における遮蔽構造を評価する数理モデルの開発,第36回計算力学講演会(CMD2023),日本機械学会,2023年10月25日-27日,豊橋商工会議所(愛知),OS-0103.
  22. 福岡直也,山田崇恭,連成型仮想的物理モデルに基づく型成形製造制約の数理モデリングと最適設計,第36回計算力学講演会(CMD2023),日本機械学会,2023年10月25日-27日,豊橋商工会議所(愛知),OS-0104.
  23. 小夜結利花,山田崇恭,マイクロポーラ弾性体モデルに基づくリンク機構のトポロジー最適化問題の定式化に関する考察,第36回計算力学講演会(CMD2023),日本機械学会,2023年10月25日-27日,豊橋商工会議所(愛知),OS-0105
  24. 田島幹大,山田崇恭,連成型仮想的物理モデルに基づく傾斜角制約を考慮した三次元剛性最大化問題における最適設計,第36回計算力学講演会(CMD2023),日本機械学会,2023年10月25日-27日,豊橋商工会議所(愛知),OS-0304.
  25. 野田雅貴,山田崇恭,異方性材料のトポロジー導関数に基づく配向最適化に おける回転対称性について,第36回計算力学講演会(CMD2023),日本機械学会,2023年10月25日-27日,豊橋商工会議所(愛知),OS-0309.
  26. 石岡翔栄,村井直樹,山田崇恭,動的平均コンプライアンス最小化問題に対するマルチスケール設計法,第36回計算力学講演会(CMD2023),日本機械学会,2023年10月25日-27日,豊橋商工会議所(愛知),OS-2601.
  27. 赤松大地,松島慶,山田崇恭,負の熱膨張率を示すメタマテリアルの最適化における感度解析について,第36回計算力学講演会(CMD2023),日本機械学会,2023年10月25日-27日,豊橋商工会議所(愛知),OS-2602.
  28. 出口広哲,松島慶,山田崇恭,球状弾性体の複素固有周波数についての考察,第36回計算力学講演会(CMD2023),日本機械学会,2023年10月25日-27日,豊橋商工会議所(愛知),OS-2604.
  29. 加志村誓太,松島慶,山田崇恭,境界要素法による、Sakurai-Sugiura法を用いた例外点の数値計算,第36回計算力学講演会(CMD2023),日本機械学会,2023年10月25日-27日,豊橋商工会議所(愛知),OS-2502.
  30. 松島慶,山田崇恭,1次元開放系の例外点と時間域散乱問題に関する考察,第36回計算力学講演会(CMD2023),日本機械学会,2023年10月25日-27日,豊橋商工会議所(愛知),OS-2503.
  31. 小野寺周也,岡大将,山田崇恭,設計変数に依存する熱輻射境界条件を伴う熱伝導問題に対する成形用金型のトポロジー最適化,日本計算数理工学シンポジウム2023, 日本計算数理工学会,2023年11月24日−25日,沖縄科学技術大学院大学(沖縄), No.01-231124.
  32. 松島慶,山田崇恭,境界積分方程式で記述される形状最適化問題における形状感度のHilbert正則化,日本計算数理工学シンポジウム2023, 日本計算数理工学会,2023年11月24日−25日,沖縄科学技術大学院大学(沖縄), No.03-231124.
  33. 田島幹大,山田崇恭,連成型仮想的物理モデルに基づく仮想的な異方性拡散方程式を用いた型成形における幾何学的制約付き最適設計,日本計算数理工学シンポジウム2023, 日本計算数理工学会,2023年11月24日−25日,沖縄科学技術大学院大学(沖縄),No.04-231124.
  34. 小夜結利花,山田崇恭,マイクロポーラ弾性体の考え方に基づいたスライダ-クランク機構のトポロジー最適化,日本計算数理工学シンポジウム2023, 日本計算数理工学会,2023年11月24日−25日,沖縄科学技術大学院大学(沖縄),No.05-231124.
  35. Guan, K., Yamada, T., Density based sensitivity analysis of rarefied gas flows using the discrete velocity method, 日本計算数理工学シンポジウム2023, 日本計算数理工学会,2023年11月24日−25日,沖縄科学技術大学院大学(沖縄), No.07-231124.
  36. 野田雅貴,山田崇恭,複数材料トポロジー最適化による筋骨格ロボットアームの最適化における軌道追従のための評価関数の検討,第24回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,計測自動制御学会,2023年12月14日-16日,朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター,2E3-06.

解説記事

  1. 山田崇恭,トポロジー最適化とメタル3D積層造形(基礎から応用まで),CMD Newsletter, 日本機械学会計算力学部門, No.70, (2023), pp.15-18. Open Access

受賞

  1. 田島幹大,日本計算数理工学会講演賞,日本計算数理工学会,2023年1月25日.
  2. 野田雅貴,日本計算数理工学会講演賞,日本計算数理工学会,2023年1月25日.
  3. 山田崇恭,工学系研究科長表彰(研究),東京大学大学院工学系研究科,2023年3月15日.
  4. 野田雅貴,工学系研究科長賞,東京大学大学院工学系研究科,2023年3月23日.
  5. 野田雅貴,三浦賞,日本機械学会,2023年3月23日.
  6. 小夜結利花,武藤栄次賞優秀学生賞,日本設計工学会,2023年3月24日.
  7. 山田崇恭,日本応用数理学会論文賞,日本応用数理学会,2023年7月21日.対象論文

2022年

査読付学術論文


  1. Li, H., Kondoh, T., Jolivet, P., Furuta, K., Yamada, T., Zhu, B., Izui, K., Nishiwaki, S., Three-dimensional topology optimization of a fluid-structure system using body-fitted mesh adaption based on the level-set method, Applied Mathematical Modelling, Vol.101, (2022), pp.276-308. DOI
  2. Ogawa, S., Yamada, T., Topology optimization for transient response problems involving thermoelastic materials, Finite Elements in Analysis & Design, Vol.201, (2022), p.103695. DOI
  3. Yamada. T., Noguchi, Y., Topology optimization with a closed cavity exclusion constraint for additive manufacturing based on the fictitious physical model approach, Additive Manufacturing, Vol.52, (2022), p.102630. ArXiv DOI
  4. Yodono, T., Yaji, K., Yamada, T., Furuta, K., Izui, K., Nishiwaki. S., Topology optimization for the elastic field using the lattice Boltzmann method, Computers & Mathematics with Applications, Vol.110, (2022), pp.123-134. DOI
  5. Noda, M., Noguchi, Y., Yamada, T., Extended level set method: A multiphase representation with perfect symmetric property, and its application to multi material topology optimization, Computer Methods in Applied Mechanics and Engineering, Vol.393, (2022), p.114742. DOI ArXiv
  6. Noguchi, Y., Yamada, T., Topology optimization for acoustic structures considering viscous and thermal boundary layers using a sequential linearized Navier–Stokes model, Computer Methods in Applied Mechanics and Engineering, Vol.394, (2022), p.114863. DOIArXiv
  7. Li, H., Kondoh, T., Jolivet, P.. Furuta, K., Yamada, T., Zhu, B., Zhang, H., Izui, K., Nishiwaki, S., Body-fitted topology optimization: a novel framework for optimal design and thermal modeling of 2D and 3D natural convection problems, International Journal for Numerical Methods in Engineering, Vol.123(9), (2022), pp. 1954-1990. DOI
  8. Ogawa, S., Yamada, T., Minimizing creep deformation via topology optimization, Finite Elements in Analysis & Design, Vol.207(15), (2022), p.103758. DOI
  9. Ogawa, S., Yamada, T., Topology optimization for transient thermomechanical coupling problems, Applied Mathematical Modelling, Vol.109, (2022), pp.536-554. DOI
  10. Noguchi, Y., Matsushima, K., Yamada, T., Level set-based topology optimization for the design of labyrinthine acoustic metamaterials, Materials & Design, Vol.219, (2022), p.110832. DOI (Open Access)
  11. Matsushima, K., Noguchi, Y., Yamada, T., Unidirectional invisibility in a PT-symmetric structure designed by topology optimization, Optics Letters, Vol.47(13), (2022), pp.3315-331. DOI
  12. Ogawa, S., Yamada, T., A new design approach for thermal actuators based on topology optimization with stress constraints, International Journal for Numerical Methods in Engineering, Vol.123(16), (2022), pp. 3733-3756. DOI
  13. Zhou, J., Watanabe, I., Yamada, T., Computational morphology design of duplex structure considering interface debonding, Composite Structures, Vol. 302(15), (2022), p.116200. DOI
  14. Matsushima, K., Noguchi, Y., Yamada, T., Omnidirectional acoustic cloaking against airborne sound realized by a locally resonant sonic material, Scientific Reports, Vol.12, (2022), p.16383. DOI
  15. 太田悠誠,野口悠暉,松島慶,山田崇恭,自立性を考慮した音響クローキングのトポロジー最適化,日本計算工学会論文集,日本計算工学会論文集,Vol.2022, (2022), p.2022014.DOI
  16. 松島慶,野口悠暉,山田崇恭,Dirichlet-to-Neumann有限要素法とSakurai–Sugiura法に基づく3次元音響導波路の複素固有値解析,計算数理工学論文集, Vol. 22, (2022), No.08-221216, pp.73-80. Open Access
  17. 田島幹大,山田崇恭,連成型仮想的物理モデルに基づいたオーバーハング制約付きトポロジー最適化,計算数理工学論文集, Vol. 22, (2022), No.11-221216, pp.97-106. Open Access
  18. 野口悠暉,松島慶,山田崇恭,流体潤滑問題を対象としたレベルセット法に基づくトポロジー最適化,計算数理工学論文集, Vol. 22, (2022), No.14-221216, pp.123-130. Open Access
  19. 酒井虹太,岡大将,山田崇恭,トポロジー最適化における仮想的な物理モデルに基づく最大厚み制約,計算数理工学論文集,Vol. 22, (2022), No.17-221216, pp.147-154. Open Access
  20. Noda, M., Matsushima, K., Yamada, T., Beam method: topology optimization algorithm driven by beam generating topological derivative, Transactions of JASCOME,Vol. 22, (2022), No.18-221216, pp.155-162. Open Access
  21. Noguchi, Y., Yamamoto, T., Matsushima, K., Yamada, T., Labyrinthine acoustic metamaterials with a subwavelength bandgap inspired by topology-optimized structural design, Advanced Engineering Materials, No.2201104, (2022). DOI

国際会議論文

  1. Noda, M., Matsushima, K., Noguchi, Y., Yamada, T., Domain segmentation optimization of multiple anisotropic materials with varying orientation angles using a topology optimization based on the extended level set method, Proceedings of ASME 2022 International Mechanical Engineering Congress & Exposition, October 30 – November 3, 2022, Columbus, Ohio, USA, IMECE2022-94041. 
  2.  Noguchi, Y., Ohta, Y., Matsushima, K., Yamada, T., Topology optimization for acoustic structures without floating components, Proceedings of ASME 2022 International Mechanical Engineering Congress & Exposition, October 30 – November 3, 2022, Columbus, Ohio, USA, IMECE2022-94365.

国際会議

  1. Matsushima, K., Noguchi, Y., Yamada, T., Design of an omnidirectional acoustic cloaking device based on a multiple scattering theory, the Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization 2022(ACSMO2022), May 22-26, 2022, Matsue, Japan, 1C1-1.
  2.  Li, H., Kondoh, T., Jolivet, P., Furuta, K., Zhang, H., Yamada, T., Izui, K., Nishiwaki, S., Level-set based topology optimization of multi-physics systems incorporating mesh adaptation, the Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization 2022(ACSMO2022), May 22-26, 2022, Matsue, Japan, 1A2-2. 
  3. Sakai, K., Noguchi, Y., Matsushima, K., Yamada, T., A study of PDE-based formulation of the local thickness constraint for sensitivity analysis, the Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization 2022(ACSMO2022), May 22-26, 2022, Matsue, Japan, 1C3-1.
  4.  Shintani, K., Sugai, T., Yamada, T., A set based analytical target cascading method using Bayesian active learning, the Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization 2022(ACSMO2022), May 22-26, 2022, Matsue, Japan, 1D3-4. 
  5. Sugai, T., Shintani, K., Yamada, T., A data-driven topology optimization using multi-task deep convolutional autoencoder, the Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization 2022(ACSMO2022), May 22-26, 2022, Matsue, Japan, 2D1-2. 
  6. Noguchi, Y., Matsushima, K., Yamada, T., Topology optimization for labyrinthine acoustic metamaterials with a negative refractive index, the Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization 2022(ACSMO2022), May 22-26, 2022, Matsue, Japan, 2C4-3. 
  7. Noda, M., Noguchi, Y., Matsushima, K., Yamada, T., A study on adjusting geometric complexity in multiple material topology optimization method based on extended level set method, the Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization 2022(ACSMO2022), May 22-26, 2022, Matsue, Japan, 3B1-2. 
  8. Murai, N., Noguchi, Y., Matsushima, K., Yamada, T., Multiscale topology optimization for the design of electromagnetic metamaterials, the Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization 2022(ACSMO2022), May 22-26, 2022, Matsue, Japan, 3B2-1.
  9. Noda, M., Noguchi, Y., Yamada, T., Extended Level Set Based Multi-Material Topology Optimization Method Using Reaction-Diffusion Equation, Applied to Elastic and Thermal Problems, 15th World Congress on Computational Mechanics & 8th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (WCCM-APCOM YOKOHAMA 2022), July 31 - August 5, 2022, Yokohama, Japan, Virtual, 840.
  10. Noguchi, Y., Yamada, T., Level set-based topology optimization for sound-absorbing structures including thermal and viscous boundary layer effects, 15th World Congress on Computational Mechanics & 8th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (WCCM-APCOM YOKOHAMA 2022), July 31 - August 5, 2022, Yokohama, Japan, Virtual, 903.
  11. Murai, N., Noguchi, Y., Matsushima K., Yamada, T., Multiscale topology optimization for electromagnetic metamaterials by using high-contrast homogenization method, 15th World Congress on Computational Mechanics & 8th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (WCCM-APCOM YOKOHAMA 2022), July 31 - August 5, 2022, Yokohama, Japan, Virtual, 1303.
  12. Zhou, J., Watanabe, I., Yamada, T., Topology Optimization of Duplex Structure considering Interface Debonding, 15th World Congress on Computational Mechanics & 8th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (WCCM-APCOM YOKOHAMA 2022), July 31 - August 5, 2022, Yokohama, Japan, Virtual, 1451.
  13. Sakai, K., Noguchi, Y., Yamada, T., Basic study on PDE-based thickness constraint of topology optimization, 15th World Congress on Computational Mechanics & 8th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (WCCM-APCOM YOKOHAMA 2022), July 31 - August 5, 2022, Yokohama, Japan, Virtual, 1640.
  14. Matsushima, K., Noguchi, Y., Yamada, T., A coupled-mode theory for exterior scattering problems based on a non-orthogonal modal expansion, 15th World Congress on Computational Mechanics & 8th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (WCCM-APCOM YOKOHAMA 2022), July 31 - August 5, 2022, Yokohama, Japan, Virtual, 2287.

国内会議


  1. 山田崇恭,偏微分方程式による幾何学的特徴のモデル化とトポロジー最適化に基づく最適設計生産技術の開発,第6回人工物工学コロキウム:DX に向けたデジタルエンジニアリングの進化,東京大学大学院工学系研究科人工物工学研究センター,2022年5月27日,オンライン.
  2. 野口悠暉,松島慶,山田崇恭,迷路型音響メタマテリアルのトポロジー最適化,Dynamics and Design Conference 2022,日本機械学会,2022年9月5日-8日,秋田県立大学,No. 313.
  3. 中川誠,野口悠暉,松島慶,山田崇恭,マルチスケールトポロジー最適化を用いた熱クローキングを実現する伝熱メタマテリアルの最適設計,日本機械学会2022年度年次大会,日本機械学会,2022年9月11日–14日,富山大学,J061-01.
  4. 野田雅貴,松島慶,野口悠暉,山田崇恭,拡張レベルセット法に基づくトポロジー最適化による無人航空機機体の複数材料設計法の開発,日本機械学会2022年度年次大会,日本機械学会,2022年9月11日–14日,富山大学,J012-13.
  5. 山田崇恭,AMを対象とした最適設計,日本機械学会2022年度年次大会・先端技術フォーラム「金属AMにおけるDesign for Additive Manufacturing(DfAM)を理解するために」,日本機械学会,2022年9月11日–14日,富山大学,F042-02.
  6. 野口悠暉,松島慶,山田崇恭,サブ波長バンドギャップを実現する迷路状音響メタマテリアルのトポロジー最適化,第32回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2022年9月20日−22日,岡山県立大学,No.1101.
  7. 官凱文,野口悠暉,松島慶,山田崇恭,Topology optimization of channels for rarefied gas flows using direct simulation Monte-Carlo method,第32回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2022年9月20日−22日,岡山県立大学,No.1103.
  8. 村井直樹,野口悠暉,松島慶,山田崇恭,複数周波数において機能する電磁メタマテリアルのマルチスケールトポロジー最適化,第32回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2022年9月20日−22日,岡山県立大学,No.1104.
  9. 酒井虹太,野口悠暉,松島慶,山田崇恭,仮想的な物理モデルに基づく最大厚み制約のトポロジー最適化,第32回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2022年9月20日−22日,岡山県立大学,No.1305.
  10. 田島幹大,野口悠暉,松島慶,山田崇恭,仮想的な物理場を用いたオーバーハング制約を考慮したトポロジー最適化,第32回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2022年9月20日−22日,岡山県立大学,No.1306.
  11. 馮雨昆,野口悠暉,松島慶,山田崇恭,Multi-material topology optimization with dimension constraint for additive manufacturing,第32回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2022年9月20日−22日,岡山県立大学,No.1307.
  12. 濱口崇志,山田崇恭,流体圧力変動に対するロバスト性を考慮したトポロジー最適化技術の開発,第32回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2022年9月20日−22日,岡山県立大学,No.2111.
  13. 岡大将,山田崇恭,非線形双曲型-放物型方程式を用いたレベルセット法に基づくトポロジー最適化について,第32回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2022年9月20日−22日,岡山県立大学,No.2113.
  14. 張本宇辰,野口悠暉,松島慶,山田崇恭,波動方程式に対する高次均質化における漸近的分散特性に関する基礎検討,第32回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2022年9月20日−22日,岡山県立大学,No.2206.
  15. 福岡直也,松島慶,野口悠暉,山田崇恭,連成型仮想的物理モデルに基づく型成形製造制約の数理モデルの開発と構造最適化への展開,第32回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2022年9月20日−22日,岡山県立大学,No.2207.
  16. 小夜結利花,野口悠暉,松島慶,山田崇恭,一般化連続体力学に基づくメカニズム創成のための数理モデルの開発,第32回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2022年9月20日−22日,岡山県立大学,No.2208.
  17. 中川誠,野口悠暉,松島慶,山田崇恭,二次元熱クローク設計問題を対象とした均質化法を用いたトポロジー最適化,第32回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2022年9月20日−22日,岡山県立大学,No.2301.
  18. 赤松大地,野口悠暉,松島慶,山田崇恭,負のポアソン比を実現するメカニカルメタマテリアルのトポロジー最適化と実証実験,第32回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2022年9月20日−22日,岡山県立大学,No.3101.
  19. 松島慶,野口悠暉,山田崇恭,パリティ時間対称性を有する誘電体構造のトポロジー最適化,第32回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2022年9月20日−22日,岡山県立大学,No.3103.
  20. 野田雅貴,松島慶,野口悠暉,山田崇恭,直交異方性線形弾性体を含む複数材料を扱う拡張レベルセット法に基づくトポロジー最適化,第32回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2022年9月20日−22日,岡山県立大学,No.3108.
  21. 佐藤恒,野口悠暉,松島慶,山田崇恭,3次元電磁波問題における形状依存を示す目的関数に対する設計感度解析について,第32回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2022年9月20日−22日,岡山県立大学,No.3110.
  22. 野口悠暉,松島慶,山田崇恭,低周波騒音の低減を目的とした音響メタマテリアルの最適設計,第14回最適化シンポジウム,日本機械学会,2022年11月12日-13日,名古屋大学,U00011.
  23. 野田雅貴,松島慶,野口悠暉,山田崇恭,低せん断剛性を持つ線形弾性体により部材間滑りを表現した変位・圧力伝達機構モデルのトポロジー最適化における評価関数の検討,第14回最適化シンポジウム,日本機械学会,2022年11月12日-13日,名古屋大学,U00015.
  24. 村井直樹,野口悠暉,松島慶,山田崇恭,高周波弾性波の制御機能を持つメタマテリアルの最適設計に関する基礎検討,第14回最適化シンポジウム,日本機械学会,2022年11月12日-13日,名古屋大学,U00022.
  25. 松島慶,野口悠暉,山田崇恭,Dirichlet-to-Neumann 有限要素法を用いた光学デバイスのトポロジー最適化,第14回最適化シンポジウム,日本機械学会,2022年11月12日-13日,名古屋大学,U00023.
  26. 岡大将,山田崇恭,非線形消散型波動方程式を用いたレベルセット法に基づくトポロジー最適化,第14回最適化シンポジウム,日本機械学会,2022年11月12日-13日,名古屋大学,U00026.
  27. 酒井虹太,野口悠暉,松島慶,山田崇恭,トポロジー最適化のための線形偏微分方程式を用いた厚み制約の定式化,第14回最適化シンポジウム,日本機械学会,2022年11月12日-13日,名古屋大学,U00042.
  28. 上林恵太,小木曽望,渡邊育夢,山田崇恭,有限変形を考慮したコンプライアントモーフィングフラップのトポロジー最適設計,第14回最適化シンポジウム,日本機械学会,2022年11月12日-13日,名古屋大学,U00049.
  29. 小夜結利花,山田崇恭, メカニズムのトポロジー最適化のための数理モデルの検討,第14回最適化シンポジウム,日本機械学会,2022年11月12日-13日,名古屋大学,U00077.
  30. 野口悠暉,松島慶,山田崇恭,3次元迷路型音響メタマテリアルの最適設計,第35回計算力学講演会(CMD2022),日本機械学会,2022年11月16日-18日,鹿児島大学(オンライン),4-02.
  31. 宮島健,野口悠暉,山田崇恭,製造性を考慮したトポロジー最適化を用いた振動発電デバイスの設計手法の検討,第35回計算力学講演会(CMD2022),日本機械学会,2022年11月16日-18日,鹿児島大学(オンライン),4-03.
  32. 田島幹大,松島慶,野口悠暉,山田崇恭,仮想的な力学モデルに基づく傾斜角制約を考慮した最適設計,第35回計算力学講演会(CMD2022),日本機械学会,2022年11月16日-18日,鹿児島大学(オンライン),4-04.
  33. 酒井虹太,野口悠暉,松島慶,山田崇恭,最大厚み制約を考慮したトポロジー最適化問題の定式化,第35回計算力学講演会(CMD2022),日本機械学会,2022年11月16日-18日,鹿児島大学(オンライン),4-05.
  34. 赤松大地,野口悠暉,松島慶,山田崇恭,負のポアソン比を実現する周期構造のトポロジー最適化と実証実験,第35回計算力学講演会(CMD2022),日本機械学会,2022年11月16日-18日,鹿児島大学(オンライン),5-04.
  35. 野田雅貴,松島慶,野口悠暉,山田崇恭,拡張レベルセット法に基づく複数材料トポロジー最適化における材料非定義中間領域の除去に関する検討,第35回計算力学講演会(CMD2022),日本機械学会,2022年11月16日-18日,鹿児島大学(オンライン),9-02.
  36. 福岡直也,松島慶,野口悠暉,山田崇恭,連成型仮想的物理モデルに基づく型成形製造制約の数理モデルの開発と構造最適化への展開,第35回計算力学講演会(CMD2022),日本機械学会,2022年11月16日-18日,鹿児島大学(オンライン),9-07.
  37. 松島慶,野口悠暉,山田崇恭,時間域境界要素法を用いた外部散乱問題の複素固有値の考察,第35回計算力学講演会(CMD2022),日本機械学会,2022年11月16日-18日,鹿児島大学(オンライン),19-01.
  38. 村井直樹,野口悠暉,松島慶,山田崇恭,高周波弾性波を対象としたメタマテリアルの構造最適化手法に関する検討,第35回計算力学講演会(CMD2022),日本機械学会,2022年11月16日-18日,鹿児島大学(オンライン),20-02.
  39. 山田崇恭,トポロジー最適化によるデバイス設計と産業展開に向けた試み,第40回電子デバイス実装研究委員会,スマートプロセス学会,エレクトロニクス生産科学部会,2022年11月29日,東京.
  40. 松島慶,野口悠暉,山田崇恭,Dirichlet-to-Neumann有限要素法とSakurai–Sugiura法に基づく3次元音響導波路の複素固有値解析,JASCOME Symposium 2022, 2022年12月16日-17日,愛媛,日本,No.08-221216.
  41. 田島幹大,山田崇恭,連成型仮想的物理モデルに基づいたオーバーハング制約付きトポロジー最適化,JASCOME Symposium 2022, 2022年12月16日-17日,愛媛,日本,No.11-221216.
  42. 野口悠暉,松島慶,山田崇恭,流体潤滑問題を対象としたレベルセット法に基づくトポロジー最適化,JASCOME Symposium 2022, 2022年12月16日-17日,愛媛,日本.
  43. 酒井虹太,岡大将,山田崇恭,トポロジー最適化における仮想的な物理モデルに基づく最大厚み制約,JASCOME Symposium 2022, 2022年12月16日-17日,愛媛,日本,No.17-221216.
  44. Noda, M., Matsushima, K., Yamada, T., Beam method: topology optimization algorithm driven by beam generating topological derivative, JASCOME Symposium 2022, 2022年12月16日-17日,愛媛,日本, No.18-221216.

解説記事

  1. 野口悠暉,山田崇恭,音響メタマテリアル設計のための構造最適化,特集「音響メタマテリアルの基礎と応用」,騒音制御,日本騒音制御工学会,46巻4号 (2022), pp.158-164.

受賞

  1. 野田雅貴,日本計算数理工学講演賞,日本計算数理工学会,2022年1月7日.関連論文
  2. 山田崇恭,日本航空宇宙学会賞(論文賞),日本航空宇宙学会,2022年4月19日.対象論文
  3. 赤松大地,武藤栄次賞優秀学生賞,設計工学会.

2021年

査読付学術論文

  1. 小川竣,山田崇恭,逐次積分法による動的問題のトポロジー最適化(変位を未知数とした解析的感度の定式化と振動制御構造の創成),日本機械学会論文集,Vol.87 No.893, (2021), p.20-00382. DOI
  2. 小川竣,山田崇恭,時刻歴応答問題のトポロジー最適化を用いた振動荷重による最大応力最小化,日本計算工学会論文集, Vol.2021, (2021), p.2021004. DOI
  3. 小川竣,山田崇恭,非定常熱伝導問題のトポロジー最適化による温度制御構造の創成,日本計算工学会論文集, Vol.2021, (2021), p.2021005. DOI

  4. Li, H., Yamada, T., Jolivet. P., Izui, K., Nishiwaki, S., Full-scale 3D structural topology optimization using adaptive mesh refinement based on the level-set method, Finite Elements in Analysis and Design, Vol.194, (2021), p.103561. DOIPreprint

  5. 野田雅貴,野口悠暉,山田崇恭,材料定義の完全対称性を持つ対称レベルセット関数に基づく複数材料トポロジー最適化,日本機械学会論文集,Vol.87 No.896, (2021), p.20-00412. DOI

  6. Miki, T., Yamada, T., Topology optimization for considering distortion in additive manufacturing, Finite Elements in Analysis and Design, Vol.193, (2021), p.103558. DOI. ArXiv:2008.06153
  7. 村井直樹,野口悠暉,山田崇恭,高材料定数比均質化法を用いた電磁メタマテリアルを対象としたレベルセット法に基づくトポロジー最適化,日本計算工学会論文集,Vol.2021, (2021), p.2021009.DOI
  8. Moritoki, Y., Furukawa, T., Sun, J., Shimono, T., Yamada, T., Nishiwaki, T., Kageyama, T., Fukuda J., Mukai, M. and Maruo, S., 3D-printed micro-tweezers with a compliant mechanism designed using topology optimization, Micromachines,Vol.12 (5), (2021), p.579. DOI
  9. Noguchi, Y., Yamada, T., Level set-based topology optimization for graded acoustic metasurfaces using two-scale homogenization, Finite Elements in Analysis & Design, Vol.196, No.15, (2021) p.103606. DOI
  10. Noguchi, Y., Yamada, T., Topology optimization of acoustic metasurfaces by using a two-scale homogenization method, Applied Mathematical Modelling, Vol.98, (2021) pp.465-497. DOIArXiv:2010.10844
  11. Ogawa, S., Yamada, T., Topology optimization of dynamic problems based on finite deformation theory, International Journal for Numerical Methods in Engineering, Vol.122, No.17, (2021), pp.4486-4506.  DOI
  12. 新谷浩平,畔上秀幸,山田崇恭,材料のばらつきを考慮した複数材料ロバストトポロジー最適化,日本機械学会論文集,Vol.87 No.900, (2021), p.21-00138.DOI
  13. Kubo, S., Koguchi, A., Yaji, K., Yamada, T., Izui, K., Nishiwaki, S., Level set-based topology optimization for two dimensional turbulent flow using an immersed boundary method, Journal of Computational Physics, Vol.446, (2021), p.110630. DOI
  14. 酒井虹太,野口悠暉,山田崇恭,幾何学的特徴量に対する偏微分方程式を用いた型成形製造制約の数理モデルとトポロジー最適化への展開,日本計算工学会論文集,Vol.2021, (2021), p.2021018.DOI
  15. 野田雅貴,野口悠暉,山田崇恭,熱伝導問題を対象とした拡張レベルセット法に基づく複数材料トポロジー最適化,計算数理工学論文集, Vol.21, No.18-211217, (2021), pp.117-123. OpenAccess

国際会議論文

  1. Yamada, T., Noguchi, Y., Topology optimization taking into account geometric constraint of no-closed hole for additive manufacturing, based on fictitious physical model concept, Proceedings of ASME 2021 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference (IDETC/CIE 2021), August 17-19, 2021, Virtual, Online, DETC2021-66717. DOI

国際会議


  1. Li, H., Kondoh, T., Jolivet, P., Yamada, T., Izui, K., Nishiwaki, S., Furuta, K., Reaction-diffusion equation-based topology optimization: a novel framework for 2D and 3D thermal fluid-structure system design, 14th World Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization (WCSMO14), June, 13-18, 2021, Online, No.182.

  2. Tanaka, H., Yamada, M., Kogiso, N., Yamada, T., Topology optimization for multi-layered morphing wing structure using distance function, 14th World Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization (WCSMO14), June, 13-18, 2021, Online, No.427.

  3. Yamada, T., PDE for the geometrical constraint of additive manufacturing and its application to topology optimization, 14th World Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization (WCSMO14), June, 13-18, 2021, Online, No.83.

  4. Noguchi, Y., Yamada, T., Topology optimization for two-layered acoustic metasurfaces based on a two-scale homogenization method, 14th World Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization (WCSMO14), June, 13-18, 2021, Online, No.152.

  5. Kurioka, H., Noguchi, Y., Izui, K., Yamada, T., Nishiwaki, S., Multi-scale optimal design method of anisotropic acoustic metamaterials based on topology optimization and high-frequency homogenization method, 14th World Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization (WCSMO14), June, 13-18, 2021, Online, No.293.
  6. Yamada, T., Topology optimization with geometric constraint for manufacturing, 14th ECCOMAS Thematic Conference on Evolutionary and Deterministic Methods for Design, Optimization and Control (EUROGEN2021), 28-30, June, 2021, Athens, Greece, No.E18420. Semi-Plenary Lecture.

国内会議

  1. 山田崇恭,数理と力学を基軸としたものづくりー幾何学的特徴に対する数理モデルの開発とその展開を中心としてー,第6回 伊都CREST ED3GEセミナー,九州大学マス・フォア・インダストリ研究所,2021年3月31日,オンライン.
  2. 野田雅貴,野口悠暉,山田崇恭,拡張レベルセット法に基づく複数材料コンプライアントメカニズムのトポロジー最適化,第31回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2021年9月15日−17日,オンライン,No.1109.
  3. 村井直樹,野口悠暉,山田崇恭,高材料定数比均質化法に基づく電磁メタマテリアルのマルチスケール最適化,第31回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2021年9月15日−17日,オンライン,No.1112.
  4. 酒井虹太,野口悠暉,山田崇恭,仮想的な物理モデルに基づく局所厚み制約トポロジー最適化の基礎検討,第31回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2021年9月15日−17日,オンライン,No.1108.
  5. 野口悠暉,山田崇恭,境界層効果を考慮した音響構造体のトポロジー最適化,第31回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2021年9月15日−17日,オンライン,No.2103.
  6. 小川竣,山田崇恭,非定常熱-構造連成問題のトポロジー最適化,第34回計算力学講演会(CMD2021),日本機械学会,2021年9月21日-23日,北海道(オンライン),No.095.
  7. 太田悠誠,野口悠暉,山田崇恭,自立性を考慮した音響クローキング構造のトポロジー最適化,第34回計算力学講演会(CMD2021),日本機械学会,2021年9月21日-23日,北海道(オンライン),No.050.
  8. 赤松大地,野口悠暉,山田崇恭,負のポアソン比を持つ材料構造のトポロジー最適化,第34回計算力学講演会(CMD2021),日本機械学会,2021年9月21日-23日,北海道(オンライン),No.049.
  9. 酒井虹太,野口悠暉,山田崇恭,トポロジー最適化における局所厚み制約定式化に関する一考察,第34回計算力学講演会(CMD2021),日本機械学会,2021年9月21日-23日,北海道(オンライン),No.124.
  10. 福岡直也,野口悠暉,山田崇恭,多軸加工機による生産性を考慮した幾何学的制約トポロジー最適化の定式化の検討 ,第34回計算力学講演会(CMD2021),日本機械学会,2021年9月21日-23日,北海道(オンライン),No.053.
  11. 広沢凌真,野田雅貴,野口悠暉,山田崇恭,拡張レベルセット法に基づく組立性を考慮した複数部材トポロジー最適化を指向した数理モデリング,第34回計算力学講演会(CMD2021),日本機械学会,2021年9月21日-23日,北海道(オンライン),No.052.
  12. 野口悠暉,山田崇恭,逐次線形化ナビエ・ストークスモデルに基づく吸音構造を対象としたトポロジー最適化,第34回計算力学講演会(CMD2021),日本機械学会,2021年9月21日-23日,北海道(オンライン),No.044.
  13. 宮島健,野口悠暉,山田崇恭,有効エネルギーの考え方に基づいたトポロジー最適化によるコンプライアントメカニズムの最適設計,第34回計算力学講演会(CMD2021),日本機械学会,2021年9月21日-23日,北海道(オンライン),No.031.
  14. 村井直樹,野口悠暉,山田崇恭,母材の連結性を考慮した電磁メタマテリアルのトポロジー最適化に関する基礎検討,第34回計算力学講演会(CMD2021),日本機械学会,2021年9月21日-23日,北海道(オンライン),No.051.
  15. 山田崇恭,積層造形における粉抜条件を考慮したトポロジー最適化,第34回計算力学講演会(CMD2021),日本機械学会,2021年9月21日-23日,北海道(オンライン),No.015.
  16. 野田雅貴,野口悠暉,山田崇恭,拡張レベルセット法による複数材料表現法の比較とトポロジー最適化への展開,第34回計算力学講演会(CMD2021),日本機械学会,2021年9月21日-23日,北海道(オンライン),No.007.
  17. 野田雅貴,野口悠暉,山田崇恭,熱伝導問題を対象とした拡張レベルセット法に基づく複数材料トポロジー最適化,計算数理工学シンポジウム2021,日本計算数理工学会,2021年12月18日,オンライン.

解説記事

  1. 山田崇恭,積層造形における製造性を考慮した数理モデルの開発とトポロジー最適化への展開,CMD Newsletter, 日本機械学会計算力学部門, No.65, (2021), pp.25-27. Open Access

受賞

  1. 山田崇恭,2020年度 日本機械学会賞(論文),日本機械学会,2021年4月23日.対象論文
  2. 野口悠暉,優秀講演論文表彰,日本機械学会 設計工学・システム部門,2021年9月16日.対象論文

2020年

査読付学術論文

  1. Kambayashi, K., Kogiso, N., Yamada, T., Izui, K., Nishiwaki, S., Tamayama, M., Multiobjective topology optimization for multi-layered morphing flap considering multiple flight conditions, Transaction of the Japan Society for Aeronautical and space science, Vol.63 No.3, (2020), pp.90-100. DOI
  2. Nishi, S., Yamada, T., Izui, K., Nishiwaki, S., Terada, K., Isogeometric topology optimization of anisotoropic metamaterials for controlling high-frequency electromagnetic wave, International Journal for Numerical Methods in Engineering, Vol.121, (2020), pp.1218-1247. DOI
  3. Yasuda, H., Orii, M., Izui, K., Yamada, T., Nishiwaki, S., Suzuki, M., A wavelength selective emitter design method using hyperbolic tangent level set-based shape optimization, Optics Communications, Vol.465, (2020), p.125405. DOI
  4. Kim, C., Jung, M., Yamada, T., Nishiwaki, S., Yoo, J., Freefem code for reaction-diffusion equation-based topology optimization: for high-resolution boundary representation using adaptive mesh refinement, Structural and Multidisciplinary Optimization, Vol.62, (2020), pp.439-455. DOI

  5. Sato , Y., Izui, K., Yamada, T., Nishiwaki, S., Robust topology optimization of optical cloaks under uncertainties in wave number and angle of incident wave, International Journal for Numerical Methods in Engineering,, Vol.121, (2020), pp.3926-3954. DOI

  6. 長谷部高広,黒田紘敏,寺本央,正宗淳,山田崇恭,偏微分方程式による法線ベクトル場の構成,日本応用数理学会論文誌,Vol.30 No.3, (2020), pp.249-258.DOI

  7. Ishizuka, N., Yamada, T., Izui, K., Nishiwaki, S., Topology optimization for unifying deposit thickness in electroplating process, Structural and Multidisciplinary Optimization, Vol.62, (2020), pp.1767-1785. DOI
  8. Hur, D.Y., Sato, Y., Yamada, T., Izui, K., Nishiwaki, S., Level-set based topology optimization with manufacturing constraint of manufacturing directions via fictitious physical model, Mechanical Engineering Journal, Vol.7, No.6, (2020) p.20-00226. DOI
  9. 小川竣,音羽貴史,山田崇恭,レベルセット法に基づくトポロジー最適化による熱交換性能最大化,日本計算工学会論文集, Vol.2020, (2020), p.2020022. DOI

国際会議

  1. Noguchi, Y., Yamada, T., Topology optimization and sensitivity analysis for the design of acoustic metasurfaces using the homogenization method, the Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization 2020 (ASCSMO2020), November 23-25, 2020, Online, M1B-2.
  2. Li, H., Izui, K., Nishiwaki, S., Yamada, T., Jolivet, P., Large-scale 3D structural topology optimization using adaptive mesh refinement based on level-set method, the Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization 2020 (ASCSMO2020), November 23-25, 2020, Online, M3D-1.
  3. Yamada, T., A PDE based manufacturing constraint formulation using a fictitious physical model for additive manufacturing and its application in topology optimization, the Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization 2020 (ASCSMO2020), November 23-25, 2020, Online, T1D-1.
  4. Hur, D.Y., Izui, K., Nishiwaki, S., Yamada, T., Level set-based topology Optimization Regarding Turbulent Flow via Re-modeling Method, the Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization 2020 (ASCSMO2020), November 23-25, 2020, Online, W4A-1.
  5. Furuta, K., Izui, K., Yamada, T., Nishiwaki, S., Shape optimization for new thermal materials based on the level set method, the Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization 2020 (ASCSMO2020), November 23-25, 2020, Online, W3B-1.
  6. Zhou, J., Noguchi, Y., Watanabe, I., Yamada, T., A level set-based topology optimization of multi-material structure Considering interface property, The 3rd International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE2020), December, 8-11, 2020, Online, No.MS05-2-04.

国内会議

  1. 山田崇恭,Topology optimization considering manufacturability using the fictitious physical models, 第6回理論応用力学シンポジウム,2020年9月1日−3日,日本学術会議総合工学委員会機械工学委員会合同力学基盤工学分科会主催,オンライン.
  2. Li, H., 泉井一浩,西脇眞二,山田崇恭,Jolivet, P., Structural topology optimization of fluid-structure problem using adaptive mesh refinement based on the level-set method, 日本応用数理学会2020年度年会,日本応用数理学会,2020年9月8日- 10日,オンライン.
  3. 山田崇恭,製造に関する数理モデルの開発と積層造形における製造性を考慮したトポロジー最適化への展開,日本機械学会2020年度年次大会,先端技術フォーラム「バーチャルエンジニアリングにおける形状設計・計算・加工技術の現状と未来」,2020年9月14日,日本機械学会,オンライン,F01203.
  4. 栗岡洋大,野口悠暉,山田崇恭,泉井一浩,西脇眞二,高周波均質化法に基づく異方性音響メタマテリアルのマルチスケールトポロジー最適化,日本機械学会2020年度年次大会,日本機械学会,2020年9月14日−16日,オンライン,J01214.
  5. 伊藤瑛里,西脇眞二,泉井一浩,山田崇恭,仮想的な物理モデルに基づく視界に対する幾何学的制約付きトポロジー最適化,日本機械学会2020年度年次大会,日本機械学会,2020年9月14日−16日,オンライン,J01215.
  6. 村井直樹,野口悠暉,山田崇恭,極低温におけるナノスケール熱伝導制御デバイスを対象としたトポロジー最適化に関する基礎検討,第30回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2020年11月26日−28日,オンライン,No.1101.
  7. 野田雅貴,野口悠暉,山田崇恭,材料規定の完全等方性を実現する複数材料に対するレベルセット法に基づくトポロジー最適化,第30回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2020年11月26日−28日,オンライン,No.1103.
  8. 野口悠暉,山田崇恭,均質化法を用いたレベルセット法に基づく音響メタサーフェスのトポロジー最適化,第30回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2020年11月26日−28日,オンライン,No.1104.
  9. 小池善徳,山田崇恭,Benliang Zhu,泉井一浩,西脇眞二,アダプティブメッシュを用いた微小剛性領域を利用しないレベルセット法によるトポロジー最適化,第30回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2020年11月26日−28日,オンライン,No.2105.
  10. 伊藤瑛里,西脇眞二,泉井一浩,山田崇恭,視界確保を目的とした仮想的な物理モデルに基づくトポロジー最適化と計算時間短縮モデルの検討,第30回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2020年11月26日−28日,オンライン,No.2106.
  11. 酒井虹太,野口悠暉,山田崇恭,分割面を設計可能とする型成形を前提としたトポロジー最適化,第30回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2020年11月26日−28日,オンライン,No.2107.
  12. 栗岡洋大,野口悠暉,泉井一浩,山田崇恭,西脇眞二,高周波均質化法に基づく伝搬方向規定を用いた異方性音響メタマテリアルのマルチスケールトポロジー最適化設計法,第30回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会,2020年11月26日−28日,オンライン,No.2108.

受賞

  1. Yamada, T., The Young Scientist Award of the ASSMO, ASSMO (Asian Society of Structural and Multidisciplinary Optimization), 2020年11月23日.