山田崇恭 准教授

HOME > メンバー

准教授 山田 崇恭
准教授山田 崇恭YAMADA, Takayuki

Reshearchmap
KAKEN
Google Scholar
Scopus
Publons

所属

工学系研究科 総合研究機構 戦略研究部門(本務)
工学系研究科 機械工学専攻(兼務)

研究スタイル

知的好奇心の赴くままに(無計画に)、道なき道を行く。

連絡先

t.yamada(α)mech.t.u-tokyo.ac.jp

居室

工学部9号館6階613室

略歴

教育歴

平成17年3月
岐阜工業高等専門学校 機械工学科 卒業
(応用物理研究室)
平成19年3月
京都大学 工学部 物理工学科 宇宙基礎工学コース 卒業
(流体力学研究室)
平成20年3月
京都大学 大学院 工学研究科 航空宇宙工学専攻 修士課程 期間短縮修了
(最適システム設計工学研究室)
平成22年9月
京都大学 大学院 工学研究科 航空宇宙工学専攻 博士後期課程 期間短縮修了
(最適システム設計工学研究室)

職歴

平成22年10月 – 平成24年4月
名古屋大学 大学院 工学研究科 機械理工学専攻 助教
平成24年5月 – 令和2年2月
京都大学 大学院 工学研究科 機械理工学専攻 助教
令和2年3月 – 現在
東京大学 大学院 工学系研究科 総合研究機構 戦略研究部門 准教授
(新分野開拓准教授プログラム・東京大学卓越研究員(公募型))

その他

平成21年4月 – 平成22年9月
日本学術振興会 特別研究員DC
平成26年9月 – 平成28年8月
日本学術振興会 海外特別研究員
(フランス共和国エコール・ポリテクニーク,応用数学センター)
平成29年4月 –
物質・材料研究機構 NIMS特別研究員(兼務)

受賞歴

平成21年4月
若手優秀講演フェロー賞、日本機械学会
平成21年5月
論文奨励賞、日本計算工学会
平成21年10月
若手優秀講演フェロー賞、日本機械学会
平成21年10月
優秀講演表彰、日本機械学会 設計工学・システム部門
平成22年3月
大学院研究奨励賞、自動車技術会
平成22年3月
Best Paper Award、KSME-JSME Joint Symposium
平成22年4月
最優秀講演賞、日本応用数理学会
平成22年4月
日本機械学会賞(論文)、日本機械学会
平成23年6月
ISSMO/Springer Prize、International Society of Structural and Multidisciplinary Optimization (ISSMO)
平成23年10月
奨励業績表彰、日本機械学会 設計工学・システム部門
平成24年4月
船井研究奨励賞、船井情報科学振興財団
平成26年2月
井上研究奨励賞、井上科学振興財団
平成26年7月
日本計算力学奨励賞、日本計算力学連合
平成27年10月
CIE Second Award、45th International Conference on Computers & Industrial Engineering
平成28年4月
日本機械学会賞(論文)、日本機械学会
平成28年4月
科学技術分野の文部科学大臣表彰・若手科学者賞、文部科学大臣
平成28年7月
APACM Award for Young Investigators in Computational Mechanics、The Asian-Pacific Association for Computational Mechanics
平成28年7月
計算工学講演会ベストペーパーアワード、日本計算工学会
平成28年10月
フロンティア業績賞、日本機械学会 設計工学・システム部門
平成29年4月
日本機械学会賞(論文)、日本機械学会
平成30年2月
優秀講演論文表彰、日本機械学会 マイクロ・ナノ工学部門
平成30年4月
日本機械学会賞(論文)、日本機械学会
平成30年4月
船井学術賞、船井情報科学振興財団
平成30年7月
The JACM Fellows Award、日本計算力学連合
平成30年11月
業績賞、日本機械学会 設計工学・システム部門
平成31年4月
日本機械学会賞(論文)、日本機械学会
令和2年11月
Young Scientist Award of the ASSMO、Asian Society of Structural and Multidisciplinary Optimization(ASSMO)
令和3年4月
日本機械学会賞(論文)、日本機械学会

主要論文

  • Yamada, T. et al., A topology optimization method based on the level set method incorporating a fictitious interface energy, Computer Methods in Applied Mechanics and Engineering, (2010) Vol.199, No.45-48, pp. 2876-2891. DOI. preprint.
  • Allaire, G. and Yamada, T., Optimization of dispersive coefficients in the homogenization of the wave equation in periodic structures, Numerische Mathematik, (2018) Vol.140, pp. 265-326. DOI. preprint.
  • Yamada, T., Geometric shape features extraction using a steady state partial differential equation system, Journal of Computational Design and Engineering, (2019) Vol.6, No.4, pp. 647-656. DOI.
  • 競争的資金(研究代表者分のみ)

    科研費

    実施年度 詳細
    令和元年-令和2年 挑戦的研究(萌芽)、革新的機械システムの創成を目指したリンク機構のトポロジー最適化法の開発、4,900,000円
    平成31年-令和3年 基盤研究(B)(一般)、偏微分方程式による一元的幾何学的特徴評価を基軸とした一気通貫型最適設計製造法(研究課題番号:19H02049)、13,100,000円
    平成28年-平成30年 基盤研究(C)(一般)、メタサーフェスを用いた新機能音響デバイスの最適設計法の開発(研究課題番号:16K05039)、4,810,000円
    平成26年-平成27年 若手研究(B)、格子ボルツマン法に基づく熱流体デバイスのハイブリッドトポロジー最適化(研究課題番号:26820032)、3,250,000円
    平成24年-平成25年 若手研究(B)、柔軟性を利用した新スマート発電システムの最適構造創成設計法の開発(研究課題番号:24760119)、4,550,000円
    平成21年-平成22年 特別研究員奨励費、マルチフィジクス現象を利用した新しい機能を持つスマート構造の最適形状創成設計法(研究課題番号:09J00281)、1,400,000円
    研究分担者分などその他の詳細情報はKAKENを参照してください。

    科研費以外の政府系

    実施年度 詳細
    令和3年-令和9年 JST「創発的研究支援事業」、トポロジー最適化による可展面構造の創成設計法とその展開、50,000,000円(予定)
    令和2年-令和4年 NEDO「官民による若手研究者発掘支援事業」、マッチングサポートフェーズ、金属積層造形のための幾何学形状制約付大規模トポロジー最適化システムの開発、10,000,000円

    財団

    実施年度 詳細
    平成30年 公益財団法人 京都科学技術センター、平成30年度研究開発助成、仮想的な物理モデルに基づく製造要件に関する幾何学制約付トポロジー最適化法の開発、1,000,000円
    平成29年-平成30年 公益財団法人 伊藤科学振興会、物理学分野研究助成金 、トポロジー最適設計法による量子テクノロジーのブレイクスルー、1,000,000円
    平成28年-平成29年 公益財団法人 住友電工グループ社会貢献基金、学術・研究助成 、メタサーフェス構造を利用した新機能電磁材料の最適設計法の開発、950,000円
    平成28年-平成29年 公益財団法人 新世代研究所、ATI研究助成 、希薄気体効果を利用した負の熱拡散を可能とするナノ複合材料のトポロジー最適化、1,000,000円
    平成28年-平成29年 公益財団法人 服部報公会、工学研究奨励援助金 、熱流体メタマテリアルの創成を目指した分子気体運動論に対する最適設計法の開発、1,000,000円
    平成28年-平成29年 公益財団法人 豊田理化学研究所、豊田理研スカラー 、仮想物理モデルに基づく幾何学的制約付トポロジー最適化法の構築、900,000円
    平成25年-平成26年 財団法人みずほ学術振興財団、工学研究助成 、誘起電荷電気浸透現象を対象とした非定常流れ場のトポロジー最適化法の開発、2,000,000円
    平成24年-平成25年 公益財団法人住友財団、環境研究助成 、次世代電力供給システムを指向したマイクロ水力発電機の最適構造設計法の開発、1,700,000円
    平成24年-平成25年 公益財団法人村田学術振興財団、研究助成 、光学迷彩構造の設計を指向した電磁波伝搬方向制御に関するトポロジー最適化法の開発、1,500,000円
    平成23年-平成24年 公益財団法人カシオ科学振興財団、研究助成(特別テーマ) 、随伴変数法に基づく流体場に関する感度解析とトポロジー最適化への適用、2,000,000円
    平成23年-平成24年 公益財団法人マツダ財団、マツダ研究助成 、流体発電システムの設計感度解析手法の開発、1,000,000円
    平成23年 公益信託小野音響学研究助成基金、平成23年度研究助成 、高速境界要素法を用いたトポロジー最適化、900,000円

    学内

    実施年度 詳細
    令和2年-令和3年 東京大学大学院工学系研究科、克スタートアップ支援
    令和2年-令和3年 東京大学大学院工学系研究科及び機械工学専攻、工学系スタートアップ資金
    令和元年-令和3年 東京大学、東京大学卓越研究員(公募型)